小豆島バス 三菱ふそうU-MS726S 1991年式

小豆島バスのエアロバスクイーンバージョンです。屋根上ロゴはどうしても実車資料が得られなかったので、実はテキトーです。付いていたかどうかも実は怪しい・・・。(2010.3.31公開)
Img_0008

Img_0006
屋根のロゴはたぶんこんな感じで付いているものと・・・。
Img_0007
後ろは新設計にした、と言っても7年前ですが・・・。Img_0010
年式に差がありますが、90年代は実際にこんな組み合わせがありました。

↓展開図はこちら
「shodoshima267.pdf」をダウンロード


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小豆島バス 日野RC320P 1976年式

※「いぶき工房」本館がHPサービス終了に伴い自動閉鎖されてしまったため、しばらくここでご紹介することにします。展開図も公開しております。

小豆島バス 日野RC320P(日野車体)1976年 香22か378
同社の貸切車。顔に一般的なベゼルが付きましたが、後面は開口部が多い古めかしいものでした。(2009.10.12公開)

Img_5589
公式側(前)

Img_7049_2
公式側(後)

Img_5609
側面。バックは瀬戸内海ではありますが、後方は淡路島・・・。

Img_5602
乗合車と並べてみました。大きな意味はありません。

↓展開図はこちら
「shodoshima378.pdf」をダウンロード


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小豆島バス 日野RE101P 1978年式

※「いぶき工房」本館がHPサービス終了に伴い自動閉鎖されてしまったため、しばらくここでご紹介することにします。展開図も公開しております。

小豆島バス 日野RE101P(日野車体)1978年 香22か513
同社に比較的後年まで在籍した中扉のみのツーマン車。(2006.3.19公開)

Img_2932
公式側(前)小石が転がってますね~。

Img_2936
公式側(後)

Img_2938
非公式側(前)

Img_2963
非公式側(後)

↓展開図はこちらから
「shodoshima513.pdf」をダウンロード


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山での収穫【バス編】

今回の四国旅行での収穫。バス編。
※型式・年式はネットで調べました。手抜きでございます。

1.徳島駅
B03
徳島市交通局H506 徳島230あ506 
日野ブルーリボンシティノンステップ KL-HU2PMEE 2002年式

銀色に青帯の一般色に慣れているため、青がピンクになると目がチカチカするというか、最初ネットで見たときは画像をいじくってウソバスでも作ったかと思ったものだが・・・。それにしても訳分からんセンスである。

2.吉野川サービスエリア
B01
JR四国バス674-1902 愛媛200か53-63 
三菱ふそうエアロエース LKG-MS96VP 2011年式

吉野川サービスエリアにいると松山や高知へ向かう高速バスや貸切バスが次から次にバスがやって来る。あまりに順光で美しく撮れそうなので、ついつい粘って何台か撮ってしまった。これは松山行きのJR高速バス。特に趣味的にどうという意味はないが。

B02
徳島バス 徳島200か14
日野セレガFD KC-RU3FSCB 1999年式

初代セレガもあまり見なくなってきた。この車両も15年選手。こんな古いクルマが走っているとは思わなかった。引退近しというところか。

3.道後温泉本館裏
B04
両備バスF0607 岡山200か760
三菱ふそうエアロクイーンⅡ PJ-MS8系 2006年式

ネットで調べても型式が出てこなかった。両備にたくさんいるので珍しくはないけど綺麗に撮れそうならば撮るということで。

4.松山市駅
B05
伊予鉄道 愛媛22か1678
日野ブルーリボン P-RU637BB 1988年式

貸切転用のリムジンバス。この手のクルマは、貸切や高速で使い倒した車両が最後のお勤めをするものだが、それを差し引いても古い。バスの寿命ってせいぜい15年。20年も使う事業者は相当のものだと思っていたが、26年を経てまだ現役とは。これがまた、結構な台数が生き残っている模様・・・。

B11
伊予鉄道 愛媛200か5413
日野セレガ

伊予鉄道の名誉のためにも。このような新車も多数が活躍している。

B12
宇和島自動車 愛媛200か5105
三菱ふそうエアロバス KL-MS86MP 2005年式

宇和島バスは、ダンナの好きなカラーリングだが、最近の貸切はちょっと首を傾げたくなる新色。ここのトラック部門も同じ旗の模様を付けたツートンの車体だったが、こちらも塗装が変更され、旗マークも無くなった。残念・・・。

5.道後温泉駅
B06

B07
伊予鉄道 愛媛22か1695
日野ブルーリボン P-HT233BA 1988年式

丸目のブルーリボンがまだ生き残っている。まあ奇跡というべきなのだろうが・・・。数台はいる模様・・・。

6.松山駅
B08

B09
奥道後交通 愛媛22か1770
三菱ふそうエアロクイーンW P-MU525TA 1989年式

う~ん。少なくとも3台はいるらしい、クイーンW。化石というべきなのだろう。旧車がまとまって生き残っていると、免疫が出来るのか不思議だと思わなくなる。しかし、クイーンW自体が珍しいのである。全国でもそう何台も走っているものではないのである。「まだいるな~」と感慨に浸ったりするが、前に見たのも20年以上前なのである・・・。

B10
伊予鉄道 愛媛22か1680
日野ブルーリボン P-RU637BB 1988年式

貸切カラーもいた。もう訳分かりません。誰か助けて~。

クリック願います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

水島

かねてより予定していた水島臨海鉄道撮影ツアーを実行した。1月19日と2月2日、明光バス主催のツアーで引退間近の旧国鉄色キハ20を貸切運行するというのだ。平日ラッシュ時にしか稼働しない(しかも国鉄色かどうか分からない)という同車を休日に見ることができる数少ないチャンス。重鎮T氏が提案し、播磨観光タクシー氏、みささ氏と一緒という同業オッサン軍団である。
当日は降雪により地面が悪く、山陽道に入るまでノーマルタイヤでは慎重な運転を要したが高速道からは快調で、倉敷に着く頃には好天となっていた。

まずは水島臨海と言えば「ここしかない」撮影地である倉敷市運動公園野球場裏手の踏切(球場前~西富井間)である。

01
とりあえず試し撮り。列車はおおむね20~30分ヘッドでやって来る。同業者も続々と現れたが、我々は全く情報を持っていない無計画・能天気軍団だったので、運行ダイヤなど教えてもらうばかり。おまけにペットボトルのお茶や紅茶まで差し入れしていただいたり、本当に恐縮である。通りすがりの地元の方もカメラの集団に「何か通るの?」と話しかけてきて雑談。和やかな雰囲気である。

さてさて、お教えいただいた情報通り、倉敷市からツアー客を迎えにやって来たキハ20の2連。ダンナ、実はこのカラーリングのキハ20を見た記憶がない。日本全国にそれこそどこにでもいたベストセラー気動車だが、今となっては走る姿を神戸から気軽に見に行ける場所はここだけである。それも3月まで。

というか2014年の現代に走っているのが奇跡というべきなのだろうが。

02
まずは迎え撃ち。逆光気味なので少し補正して・・・。

03
後追いではあるが、この角度でOKでしょう。右のプレハブが邪魔だったりするが、本番で画面から省くとして、季節的に太陽の高度が低くて陰になるところが多いのもまあ、ガマン、ガマン。

さて、7分後に戻ってくるということで。みなさんお互い邪魔にならないよう譲り合って列車を待っているというのに、空が曇ってくるんだな、これが。

04
構図的にはこれで良いと思うのだが日が差さず。こればかりは仕方ない。

05
今日はもう来ないので、水島の車庫へ移動。ツアーのみなさんは構内で撮影やDLの試乗に興じているが、我々とその他大勢はフェンス外から撮影。逆光だが雪もちらつく天気で、まあこちらも撮れたかな、と。キハ20は4両が在籍しているが、うち2両は青帯の水島オリジナルカラーである。

06
代替としてやって来たのがJR東日本のキハ37や38だったりするが、キハ30もいた。部品取りなのか整備待ちなのか分からないが、この色のキハ30も久しぶりに見た。

10
ダンナ世代のファンは大抵何両か持っているKATOのキハ20とエンドウのキハ30。両方とも現代はもっと完成度の高い製品が出ているが、この素朴な出来もまた懐かしい。ウチでは未だ現役である。

09
帰り道で中古バス販売店に立ち寄り。敷地外から元近鉄の国産ダブルデッカー試作車?を撮影。1台しか作られなかった珍車である。何とかまだ残っているという感じで・・・。

07
両備バス西大寺営業所は旧西大寺鉄道の駅舎を保存活用したもの。良い雰囲気である。表には軽便の気動車1両が保存されており、美しく整備されている。産業考古学会から推薦産業遺産にも認定されており、同社の企業姿勢が垣間見える。

08
と思ったらツアーの途中客を降ろすためか、公式バーチャル社員「七葉院まゆせ」ラッピングバスが立ち寄ってきた。それにしても、地元の水戸岡鋭治氏が車両のデザインをする一方で萌え系キャラも自社で作ってしまうなんて、何でもやっちまう会社だな、と。ある意味尊敬する。

よろしければクリック願います。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

阪神バス いすゞKK-LR233J

雨の浜田車庫で。

208f

208r

阪神バス208号 いすゞ”エルガミオ”KK-LR233J 1999年式
事業用としては非常に珍しいツーステップのエルガミオ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

神戸市バス乗車会

4月末で姿を消す市バス系統に乗車しようと「神戸乗合自動車倶楽部」の面々が集まったのは神戸駅。

42701
61系統に乗って鈴蘭台駅へ向かう。平野からは新緑が眩しい有馬街道旧道をクネクネ上がる。かつて福祉パスが無料だった頃、神戸市街地と鈴蘭台を結ぶ「重要」交通機関として多くの利用があった。

42702
鈴蘭台で。全便が5月1日から阪急バス便になることが告知されている。とは言え、担当の松原営業所自体、阪急バスが運行を受託しており、車両は阪急バスに変わるが運転士は同じというのが実態。各種サービスが阪急相当になるだけとも言える。

42703
鈴蘭台駅からも

42704
岡場駅からも

42705_3
かつて51年式BU04、280号が撮りたくて降り立った五社駅からも

市バスの姿が消えていく。

ただ、こうして考えると「市バス」って何なんやろ?と疑問に思うことがある。採算が見込める路線は民営に渡して、民営では採算の取れない市民福祉上必要な路線を赤字前提で公営がやる、みたいな合意は神戸市では無さそうな。過疎路線を民間に委ねるのであれば、市バス事業そのものの存在を自ら否定していると言える。というか、そもそもバス事業ってどうあるべきなのか。そういう根幹を考えずに何となく解体に向け走っているような気がする、神戸市バス・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3月最後の日

実はこの1週間、コッコ1号2号は高松出張中(おかみ実家に放り込み中)なのだった。で、ダンナとおかみ(主におかみ)は1週間静かに過ごすことができたわけだが、3月最終日、とうとう怪獣どもが帰ってくるというので、「まあ、デートでも行くか」とアテもなく家を出る。

3105
近所に出来たパン屋で朝とも昼ともつかない食事を調達、農業公園(いわゆるワイン城)で食べるか、と。それなりの時間なのだが、人が少ない。かなり寂れている。それにしてもトイレが古くて汚いのには参った。このトイレ一つでなんか終わった施設のような気がした。

3101
その後、ふと思い立って舞子墓園へ。ここには他より早く満開になる桜が1本だけあって、坂を登るバスと絡めて撮りたいと思いながら10数年・・・。この場所で撮ったのは初めて。いろいろと挑戦したが、想像したような構図にならない。キュービックが来たのは良かったけど。

で、望遠ズームに付け替えて立ち上がったとたんに、カメラバックから短いほうのズームレンズがコロンと転がり出て地面に落下・・・。ガチャン!

あ、あかん・・・。
慌ててカメラに付け動作を確認するが、異常は見られない。カメラ表面にキズは付いたがレンズは無事のようだ。振ってみたが内部に部品が落下している音もしない。

セ、セーフだったのか・・・?

(答えは後で判明することになる。)

3108
天気も今ひとつで、どうも気分が乗らないので、どっかへケーキでも食べに行くか、ということになり伊川谷駅方向へ。元明石市バス車両数台が神姫バスとなって走り始めたので塗り替えて綺麗なうちに撮っておく。(実はレンズに異常があるのだが、撮っている分には気付かない。この写真で分かりますか?)

3106
いつも前を通っていて気になっていた「モルトクオーレ」へ。

3107
ケーキセット。ゼリーが付いていたりするが、やや高め。

3102
で、帰るのか、というとそうではなく、三木市内へ。ここへ来るなら農業公園から直接来たら良さそうなものだが、無計画に行動するからこうなる。もっとも、15時を過ぎないと志染以遠は1時間に1本しか電車が来ないから、早く来てしまうと暇でしょうがない、なんてことにはなる。

この時間だったからこそ、同じように電車を撮っている人がいる。と思うと知り合いだった。

3103
「こっち側からも撮れるんですよ。」と教えてもらった。三木城をバックに。なるほど~。

3104
ついでに三木城に登って上から電車を撮る。手前の古い街並み(ナメラ商店街)と三木城の瓦を入れて撮ってみたが、実際に目で見るよりイマイチ感は否めない。背景が住宅地でごちゃごちゃし過ぎているのか。本当は写真の腕がないからだろうが。

家に帰って気付く。ケーキ屋の写真はコンデジ使用なので関係ないが、神姫バスと神鉄の写真。右側がブレているのがお分かりいただけようか。焦点が合わずにボケているのではなく、流れているように見える。「片ボケ」と言われる現象で、舞子墓園でレンズを落としたからに違いない。内部で何かが歪んでいるのだろう。行楽時期を前にレンズ使用不能は辛いので修理に出さねば・・・。この機会に明るい単焦点レンズを1本買っても良いけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オレンジアロー連

新三田で神姫バスに登場した西日本初の連接バス「オレンジアロー連(れん)」試乗会に参加。多くの方のブログなどに登場しているので、あえて詳しくは説明しない。

3001
新三田駅前。試乗会に集まる人々。隣接する立体駐車場に上って、(模型資料用に)屋根上を撮ってやろうというのはダンナにとっては日常行動だが、他に上がってくる方がいなかったのは意外・・・。

3002
この日は20分ヘッドで2台を走らせている。武庫川を渡るエルム橋で順光になるので、そこでしばし粘って撮り・・・、

3003
なんかLRTと同じような感じやな~、とか言いながら乗り、

3004
駅前で再び撮る。連接バスは直線になっているより、このようにカーブで車体をくねらせたいるほうが格好良いですね。

3005
ここ新三田はターミナルから出て来る路線車が綺麗に撮れる。喜んでパシャパシャ撮る。いや、何度も同じクルマばかりが来るんですってば。最近は明石近辺では見なくなったような気がする元淡路交通のキュービックも元気に活躍中。

3006_2
ダンナ、結構好きな西工エアロスターS。最初は「ブッサイク」と思っていたのに・・・。

3006

| | コメント (3) | トラックバック (0)

撮りバス

昔、今から思えば28年も前のことになるが(本当に昔やな~)、ダンナがいつもバスを撮っていた妙法寺駅前。

さてさて、別に何をという目的無く、「地下鉄1本待ち」の間にカメラを向けていたら、バス待ちのおっちゃんに声を掛けられた。雨の中、傘を差してまでバスを撮っている”変なマニア”と認定したらしい。

「なあ、撮り”テツ”っていうんやろ。アンタみたいなんは何て言うんや?」

そら、撮り”バス”やろが。とは思ったが、
「いや~、そんな言葉が生まれる前、30年前からこうやって撮ってますんで知りませんわ。」

とまあ、真面目に答えてしまった、かな、と。

Dsc_0512_1
神戸市交通局263(落合) 
日産ディーゼルKL-UA452KAN(西工96MC B-Ⅱ)2004年式

Dsc_0518_1
神戸市交通局219(落合)
日野KL-HU2PLEA(日野) 2001年式

ブルリシティも11年落ちか~。そろそろ危ないな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧