サーモキングは今

と言いつつ、実は製作途中だったりするサーモキングのクーラー。もっとも最後に手を入れたのは2011.6.27なので、1年以上放置していることになる。せっかく話題になったので久々にプリントアウト。

Img_3056_1
中型用のサモキン(左下)とよく似ているのだが、大型用はよく見ると意外に複雑な形状をしているのである。ファンその他の部品は中型用から流用できそう。

Img_3057_1
組み立てるとこんな感じ。

Img_4458_1
本物はこんな感じ。

Img_3058_1
山陽バスデンソークーラーと積み替えてみた。まあ、こんな感じ。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーモキング

話は今年の2月に遡る。

コッコ共を連れて天保山を訪れたダンナ。「高いな~(値段が)」と思いつつ家族サービスと割り切って乗った観覧車から下界を見下ろしていると、

01
大阪市バスが見えた。「あれ?クーラーが違うぞ」。上の青いヤツじゃない。これはデンソークーラー付きのCNG車だ。下の2両、どちらも同じサーモキングを積んでいるはずだが、ファンの位置がちゃうやん。前のJ-BUSは前寄り3つ、後ろの西工は後寄り3つ。いや~、いつも下から見ているのでサモキンにこんな違いがあるとは知らなかった。

で、そのままバス好き仲間の飲み会なんかで、話のネタに使ったりしていたのだが。

話を日曜日に戻して。
舞子で会合があったため、早目に家を出たダンナ。学園都市や舞子でバス撮影なんぞしながら時間をつぶしていたが、あ、そうそう、と思い出した。サーモキングの違いが近くで見れるに違いない、と。

01_2
山陽バスの西工-サーモキング。大阪市同様、ファンは後寄り。

04
こちら神戸市バスの西工-サーモキング。うんうん、確かに後寄り。

02
山陽バスのJBUS-サーモキング。カバーの形状は同一だがファンは前寄り。

03
同じく神戸市バスのJBUS-サーモキング。やっぱり前寄り。

観覧車に乗っていなかったら、ペーパークラフト作成のときにこの違いに気付かず、どちらか一方だけ作るところであった。

と言いつつ、まだ作っていないが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

1本足りない。

odori-koさまからのメールで先日公開した明石市バスのペーパークラフトを点検していたら(いや、odori-koさまご指摘の原因となっていることは理解したのだが、それとは別に)、重大エラーが発見された。

1788
何気に見ていると気付かない点だが、側面クリームの縞模様がホイールベース間の部分で1本足りず4本になっているのだ。

1788_2
これは本物。縞は5本ある。

1788_3
と言いつつ、非公式側は5本ある。元々非公式側から作画して公式側にコピーしたので、どの段階で1本減っちゃったのか分からないのだが。作例は非常口付近の縞が2本しかない(これが実物的的には正解だが、実物のほうがエラーで1788のみ3本。)が、公開品は3本再現。というか、そんな話をすると本題とごちゃごちゃになるが・・・。

もうプリントアウトしちゃった、とか「作ってしまった」と言う方にはまことに申し訳なく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明石市バスの組み立て(その3)

デンソークーラーの組み立て。

Denso1_2
丁寧に切り抜いたら両側面を折って、前後をカーブさせる。接着後はクリップで保定。

Denso2
前部はカーブを付けつつも数ミリ分は折り目を付ける。写真を見て感覚で・・・。

Denso3
後部はこ~んな感じで。

Denso4
最後は、こう。実は結構難しい・・・。

1788f
クーラーと換気扇を取り付けると完成。

1788r
テールレンズと「乗降中」ランプを別パーツで付けるとよりリアル。断面をオレンジと赤に塗り分けるのもポイント。

予定では、明日公開。

http://www.kobe.zaq.jp/ibukikobo/akashi50.html

| | コメント (7) | トラックバック (0)

明石市バスの組み立て(その2)

明石市バスペーパークラフト組み立ての続き。今回は写真ばっかし。

601_2
後面の次に前面を接着。模様を合わせて下半分→フロントガラス→方向幕側面→屋根の順に。一気に組み立てず、それぞれ確実に接着してから次の作業へ移る。屋根は付きにくいので車体を壊さない程度の重しをかけるのが良いだろう。

602
タイヤ。ギザギザののりしろはいきなり切り抜くのは困難なので、まず写真のように切り抜いた後、千枚通しなど先の尖ったものでのりしろの裏側に筋を入れる。こうするとハサミを入れるときに微妙な感覚を受けストッパーになる。(意味、分かりますかね~。)

603
のりしろを切り抜いたら丸める。

604
タイヤだけではないが、紙断面の白さが意外に目立つので、ペンで断面を塗る。黒でも良いが目をむきすぎるので、ダンナはグレーのペンを使用している。

605
タイヤは組み立てたあと、写真のように貼っておく。

608
今回はここで底板を貼った。幅が決まるのでその後の工作がやりやすい。

606
バンパーは小さなパーツだが、丁寧に切り取り、あらかじめ組み立てておく。

607
バンパーを車体へ取り付ける。正面部(後面部)を先に接着し、乾けば側面部を付ける。小型のクリップを用意しておき、保持させると良い。乾く間に別のパーツを組み立てておくのを忘れずに。ビール片手にほろ酔い作業。

609
ナンバープレートも付け、屋上以外はほぼ完成した。

610
後ろからだと、こんな感じ。実は1788号、実車がエラーで縞模様の線がこちら側だけ1本多い箇所があるのだ・・・。(まあ詳しくは別の機会に)

以下、続く・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

明石市バスの組み立て(その1)

製作中の明石市バスペーパークラフト。ダンナの場合、一気に組み立てると雑になってしまうので、数日はかかるのだが・・・。集中力が保てるときは1日で完成することもある。(極めて稀なケース。)

Img_1303_1
とりあえず屋根カーブを付けてみる。以前は裏から筋を入れたこともあったが、今は紙の目を合わせて印刷し、手で表から曲げる。力の入れ具合の調節だけで成形する。前後の扉は先に抜くが下部はぎりぎりまで切り取らず、のりしろを曲げてから切り落とすのが良い。

Img_1307_1
あらかじめ組み立てた扉を接着。ノンステップ車の手動スロープ部分は扉下部から表側に出してから曲げて取り付ける。後面も手で曲げておく。固着するまでクリップで留める。

Img_1308_1_2
屋根は緩いカーブを描いているので後面は上部を合わせるのが先。

以下、続く・・・。

Img_1308_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明石市バス

どうしても3月16日までには間に合わせるべく、突貫工事にて製作を進めている明石市バスペーパークラフト。何とかここまで漕ぎ着けた。一部はベース車両のままだが最後に明石仕様にしてしまうので問題ない。手を抜きたかったのだが結局「一般乗合」に至るまでロゴは全て新調してしまった。が、ために時間も手間も掛かっている。

Akashi1788

夜に作業をしていると、実はそのままだと寝付きにくい。この日も気が付くと1時近く・・・。

え、前あった赤いやつは?って。あれはあれで別に作戦を練っているわけでして。それも合わせて期日までに間に合うのか?と・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

経過報告

最近、あれこれと手を付けて仕掛品のまま止まっているものが多数転がっていたりする。

葬式厨ではないのだが。

Akashi

この時点で出してしまうと、何をベースにしているのかバレバレ。おまけにKLからPJに化かす途中だったりする。odori-koさまの領域を侵すつもりはないが、仕事上でのつながりがあったのである種の感慨を持って作っていたりするのだ。

Akashi2

やっぱり、やってみたいでしょ。こういうの。←アホです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

遅々として

進まないもの。

年賀状・・・。

そして

Nicopa_2

こういうアバウトな感じのものをイラストに起こすのは難しい。完全に正確なものではないが、どうせ小さく小さくなるものなので問題ないと思う。今年中の完成は無理か・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色が変

意味不明なタイトルで申し訳ないが、最近の神姫バスの一部って色が変だとは思いませんか?って言うか、あくまでJ-BUSのクルマなんですけれども。

7575
神姫バス7575 日野PKG-KV234N2(J-BUS) 2010年式

神姫バスと言えば、長~い間このカラーリングである。今年御年79歳になったダンナ母だってトレーラーバスだった頃の神姫バスに乗った経験がおありになるそうだが、それでも「ダイダイ色」っと仰る。いやはや、神聖ニシテ侵スベカラズ。偉大なり神姫バス。

いや、そんな話ではないんだって。

7470
神姫バス7470 日野PKG-LV234N2(J-BUS) 2009年式

写真では分かりにくいが、2009年式あたりに神聖なるクリーム色が妙に赤っぽい奴が存在するのだ。ダンナ、とにかく色には敏感なもので、違和感を覚えてしょうがない。神姫バスのクリーム色はもっと黄色っぽくないといかん。気持ち悪い。

というハナシを信用していただけない読者のために。

ダンナ、時折姫路は山陽百貨店の6Fあたりのエスカレーターそばに陣取ってバスの屋根を撮っている(もちろん、ペーパークラフト用取材のためである。)のだが、先日ようやく色の変な奴を押さえることに成功した。

20071
神姫バス20071 日野PDG-KR234J2(J-BUS) 2010年式

これがダンナの考える正しいクリーム色を纏ったヤツ。

29873
神姫バス29873 日野PDG-KR234J2(J-BUS) 2008年式

そして、これがダンナとしては変なクリーム色になっちゃったヤツ。

Mio2

こうやって比べると判りますよね!ダンナ的には前のほうが正しい神聖なる神姫バスカラーで、後ろが何かヘンなカラーなわけです。

言っていること、分かっていただけましたか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧